meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

暇な自営業もうりの気ままな一人暮らし

10年を超える寂しい一人暮らしにおいて気になったこと興味のあることなどを記録として残しています。

男一人暮らしに1LDKは快適すぎ!おすすめインテリア実例

f:id:mf20013432:20200330131035j:plain

 

LDKとはこんな部屋

居室と寝室の2部屋ある1LDK。同じ部屋数の1DKとの違いは居室の広さである。居室の広さが4.5畳以上ならDK、8畳以上ならLDKと表記される。

一人暮らしなら1DKでも十分な広さであるが、ソファやダイニングなどが配置しやすく自由にレイアウトしたい人にはLDKのメリットは大きいと言えるだろう。

そこで男も女も社会人になり経済的にも余裕が生まれると、一人暮らし部屋の間取りには断然1LDKを推したい。

LDKの余裕ある贅沢な空間には自由にあなた好みのインテリアレイアウトが可能だからである。

また、ワンルームと違い自室として1部屋確保できることで安心感が生まれる。

誰だって無闇に見せたくない触れられたくない物ってあると思うが、ワンルームだと隠すことは難しくハッキリ言ってそれは不可能である。

しかし1LDKならそれが問題なくできる収納スペースだって確保できるのだ。

そんな使い勝手がよく人気のある間取りだが、一人暮らしだけでなく彼女との同棲や新婚でもおすすめの間取りだ。

その便利で魅力ある1LDKのメリットと注意すべきデメリットについて紹介しているので部屋選びの参考にしてもらいたい。

また、初めての一人暮らし部屋探しのコツについてはこちらを見てほしい。

singlelife.hateblo.jp

 

LDKのメリット

●寝室と居室であるリビング・ダイニング(LDK)を加えた間取りの1LDK、就寝と食事やくつろぐスペースにと居住空間を分けることで、休みの日にダラダラとベッドの上で過ごすことなく生活にメリハリがでる。

●広いリビング、皆でくつろげるので職場の人や友人も呼びやすく、プライベートな空間を除かれる心配も少ない。友人など来客にはリビングに招き対応し、自室を寝室として無闇に人に見せることなく確保できる。

●圧迫感ない広々と快適に過ごせる空間と、十分な収納スペースを確保することができる。

●寝室としてだけでなく在宅勤務・テレワークの書斎としてや趣味の部屋などライフスタイルに応じてレイアウトすることができる。

●狭い部屋では諦めていたソファなど大型の家具やインテリアに拘ったりと思う存分あなた好みのライフスタイルを楽しむことだって可能だ。

●1LDKになると2人入居できるところがほとんど、近々同棲や将来結婚を考えてる相手がいる人は部屋を探す条件として押さえておいて損はないだろう。

●経験上ワンルームに比べ1LDKなど家賃が高くなるにつれ、隣人など住んでる人はまともな割合が多くなる傾向にあるのでそういった意味でも安心である。※もちろん例外はある。 

 

LDKのデメリット

●当然ながら家賃は部屋の広さに比例して高くなる傾向にある。

また,、同じ専有面積でも2DKの間取りより人気のある1LDKのほうが一般的に家賃は高い傾向にあるので注意してほしい。

●部屋数が増え専有面積広くなる分掃除の手間が増える。

●部屋が広くなる分どうしても冷暖房など光熱費が高くなる。

 

 

ライフスタイルに合わせた1LDKインテリアレイアウト実例

せっかく居室と寝室が分かれているので、それぞれ生活スタイルに適したインテリアを追求してみてはどうだろう?

ワンルームに比べ余裕ある空間、家具の配置・レイアウトは自由にできることだろう。

LDKのメインである居室スペースは、食事をしたりくつろいだりするスペースであり自身の生活スタイルに合わせメリハリある使える部屋作りを追求してみよう。

 

①彼女と快適空間でまったりしたい人向け

f:id:mf20013432:20200323142331j:plain

LDK面積の広い部屋ならば、ワンルームではあきらめていた2人掛けソファを置いてリラックス、彼女といちゃつく空間を是非作ってみてほしい。

仕事帰りの疲れた体を癒したり、友人や彼女が遊びに来た時の落ち着いた居場所にもおすすめだ。

足元には空間をおしゃれに見せる肌触りの良いラグを敷くのも良いだろう。

思わずゴロゴロと寝転びたくなるようなラグを是非敷いてみて欲しい。

一人暮らしの1LDKなら女の子を招くことも多いはず。

せっかく招いてもごちゃごちゃした清潔感ない部屋だとそれだけでだらしない人と思われ幻滅されてしまう。

そんなことのないよう、1LDKなら居室スペースに清潔感あるおしゃれなインテリアを是非とり入れてみて欲しい。

女の子もそんなおしゃれな空間にウキウキ居心地の良さを感じるはずだ。

singlelife.hateblo.jp

singlelife.hateblo.jp

 

②お部屋でのんびり派の人向け

f:id:mf20013432:20200529160333j:plain

ゲームや読書をして部屋でのんびり過ごしたいインドア派の人には床座の暮らしをとりいれてみるのもいいだろう。

部屋の一角に肌触りの良いラグを敷き、ゴロゴロゆったりくつろげるリラックスコーナーをぜひ作ってほしい。

床座生活にはロースタイルのインテリア家具が欠かせない

また、不要な家具を置かないことで部屋の生活動線をゆったりと確保することができ、ロースタイル家具を揃えることで床と天井との空間が広くなり部屋に圧迫感がなくリラックスできる。

 

③来客の多い人向け

f:id:mf20013432:20200529153408j:plain

家族や友人など来客が多い人、料理が得意だったり好きな人、もちろんこれから料理を勉強するって人でもかまわない。

居室にダイニングテーブルセットやお酒が好きな人は背の高いハイテーブルを壁際やキッチンカウンターに寄せて設置するのも面白い。

食事やお酒を自宅で友人や彼女との楽しい一時を思う存分楽しむことができるはずだ。

singlelife.hateblo.jp

 

④荷物の多い人向け

f:id:mf20013432:20200425101656j:plain

お気に入りのコレクションや収納スペースが足りない人は壁面収納を取り入れてみよう。

書類はお揃いのファイルに収納。積み上げた本、アルコールや雑貨など無造作に棚に置いておくだけでもを何故かおしゃれに見えるものだ。

圧迫感を少なくする為に下に大きな物、上に小物を飾るのがポイントだ。

ごちゃごちゃした物も棚に収納することでスッキリと片付けることができインテリアとしておしゃれに見せることができる。

 

 

まとめ

一人暮らしにおいて1LDKは、インテリアに拘ったり余裕のある大人の空間を演出できる魅力的な間取りである。男一人暮らしなら女性を招き入れたりする機会も多いだろうが、その際も好感を得られやすいだろう。

反面、デメリットである費用面での出費は大きくなる。友人や彼女との交際費や将来を考えて貯金するなど、無理して1LDKに住むよりあえてワンルームで我慢するという選択も大いにありである。